車売る ローン 完済

車を売るときはローンが完済していなければいけない?

車って大きな買い物ですよね。現金一括なんてなかなか出来ないからほとんどの人が自動車ローンを活用されているのではないでしょうか。
もしも今お持ちの車を売りたいとき、ローンが残っている場合はどうなるのでしょうか。

 

基本的にローン中の車は所有者がクレジット会社となっているため、車の使用者が勝手に車を売ることは出来ません。
なので売りたくても車の買い取り専門店に買い取ってもらうことは出来ないことになります。

 

ところがローンがあっても車を売りたいという希望を叶える方法が車の買い取り専門店には用意されています。この方法によってローンが残っていたとしても車の使用者は安心して車を売ることが出来るのです。

 

大まかには2つの方法があるのですが、

 

一つめは車の買い取り金額がローン残高よりも高い場合です。

この場合は買い取り額からローン残高を差し引いた額が受け取る金額となります。

 

二つめは車の買い取り金額がローン残高よりも低い場合です。

この場合はローンの組み替え処理を行うことで可能となるのですが、ローンの組み替えとは車の買い取り金額からローンの残高を引いたとき、足りない金額分をローン会社に支払うということです。
これは所有権解除という方法なのですが、このような処理を行うと車の所有権はローン会社から使用者に移りますので問題無く車の売買ができるようになります。

 

なかなか分かりづらい部分もあるかも知れませんが、車の買い取り専門店に相談してみればベストな解決方法が見つかることでしょう。

 

車買取専門店のランキングならココ!