車 高く 買取って

車をできるだけ高く買い取ってもらうには

市場で高く売れる売買されている車が、やはり車の買い取り価格の見積もりに影響しているようです。どうしてでしょうか。その理由や条件を下記に掲載いたしましたので、ご覧になって見てください。

 

様々な自動車会社から、同じような感じの車種が同じような価格で販売されておりますが、どうしても人気のある車種と、あまり人気の出ない車種とに分かれてしまっています。その為、新車での価格が同額に近いような車であっても、人気のある車種のほうがやはり買い取り価格も高額となっています。

 

車種により必ずしも同じという訳ではありませんが、車体のカラーはホワイト(パールホワイト)やブラックが特に人気が高いようです。その為、こうしたカラーのものが高価買取となっております。

 

車は、新車販売から次のフルモデルチェンジまでの期間に、1〜2回の割合でマイナーチェンジが実施されます。
いわゆる前期モデルや後期モデルといったものです。(2回以上のマイナーチェンジの場合は、前述の前、後期のほかに中期モデルや、1型・2型などと呼ばれることもあります。)

 

こういった時にはフルモデルチェンジ程ではないものの、通常の年式による価格差以上の差額が生じる場合があります。
車の年間走行距離については、普通車で1万km、軽自動車で8000kmぐらいが目安となっております。

 

この走行距離が大幅に超える場合などは評価が下がる場合もありますし、少ない場合には評価が上がる場合があります。
しかし、車はいくらか使用している方が調子が良くなっているものですので、極端に走行距離が少ない場合にはこういった評価にはつながらない時もあります。

 

また、純正のオプションパーツ(サンルーフ、エアロパーツ、カーナビなど)がついていれば、さらに買い取りが高価格になります。
ただし、高級車の場合には革シートやサンルーフが付いていない場合には、かなり買い取り価格が低くなってしまう場合もあります。

 

カーナビ、エアロパーツなどの車外パーツを付けた車も高価買取車の対象となりますが、個人の好みに左右される物の場合には、対象外となることもあります。

 

最後に、車を査定してもらう際には、査定員の方に好印象を持ってもらうためにも、洗車だけでなく、車の内外も清掃整理しておくとよいでしょう。

 

おすすめの車買取専門店はコチラ